声は潜在意識の情報を表していますが、
自分自身が、潜在意識のどの部分まで探求できているかによって
声に含まれている成分や波動の質も変わってきます。

人の脳には共感覚というものがあって
特定の周波数チャンネルに意識を合わせると
ある番組につながり、、
その番組を共有することによって
人の意識と共有することができます。

以心伝心と言っているものと似ていますが、
多くを語らなくても
番組を共有すれば
言いたいことが言葉にしなくても
伝わっていくのです。

自分の内側の世界のくもりをとると
より世界が鮮明に見えてくるので
より奥にあるものも見えてきます。

内側の世界を通して
人とつながると
本当のつながりができてきます。

個の自分という、意識層を超えると
その共有番組をみることができます。

その意識から声を発すると
波動共鳴がおこり

相手がまだ気づいていない
深い潜在意識からの情報を
キャッチすることができます。

更にそれを言語翻訳すれば
相手の気づきのスイッチになり
さまざまな自然現象がおきてきます。

自分自身を深めることは
声の質を深めることになり、
それは相手の深い層に
共鳴を起こすことにもなるということです。

すべては自分自身の内側の世界が
どのようになっているのかを
きわめていくことが
鍵となります。

自分の内側の世界が、声を通して
周りに様々な現象を
おこすことにつながっていくのです。

声診断は声の周波数から
内面の様々なことがわかりますが、
基本となるのは
相手にどんな声を発してもらえるかという
ことになります。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)


Comments are closed