声診断は「自分を知る」ための
最短ツールであり、
尚且つ
周波数という数字で
客観的に内面を見ることができるので、

数ある
「自分を知る」アセスメントの中でも
声診断は一番使えるツールだと言う声が
たくさん寄せられるようになりました。

しかし一方では
「自分を知る」
という内観作業において
もう飽和状態になっている方も
でてきています。

もう頭では
十分に知っている、
わかっているという
状態です。

自己進化もある程度進み、
もう自分は大丈夫だという
領域にいる人です。

そんな方には是非
「自分を知る」の次に
進むステージがあることを
お伝えしたいと思います。

みなさんは
何だと思いますか?

それは

「自分になる」
「本当の自分になる」

というステージです。

ただ自分を知るだけでなく、
志、役割、使命を掲げるだけでなく、
思っているだけでなく、

現実に
「そうなる」
というステージです。

本当の自分が
本心から思っていることと
現実の現象が
一致するという
ステージです。

そのためには
今、自分はどうしたらいいのか?を

自分の声から
知って、
確認していくことができるのです。

声診断の使い方の
核心は
ここにあります。

今自分が体験している現実は
すべて
自分の内面の反映になるので、

自分の内面を変容させていくことが
一番の根幹になります。

自分の内面が本当に変わり、
「自分」と「本当の自分」とが一致して
行動をおこしていくことで

周りの世界、社会が
自然といい方向に変わっていきます。
これは自然の法則でもあります。

声診断で
ひとりひとりが
「本当の自分になる」
方法がわかり

その方法を
実践していくことが

社会を大きく変えていく
一番の近道になると思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)


Comments are closed