こんにちは、

自分の内面を探求して
掘り下げていくと
自分の意識と人の意識とが共鳴する
共有スペースが
あります。

よく
空気を読むとか
周りの人の気持ちをくみ取るとか
そういう能力を使うことで
周りとの調和を保ち
人と上手く関わろうとしていますが、

そういった表面的なものは
とてももろく
ガラスの器同士の関係性です。

本当の調和というのは、
そういった表面的に
体裁を保つことではなく

内面の深いところにある
共有スペースで
お互いがひとつであることを
認識できる関係性になります。

その共有スペースに
アクセスすることができると

その人の本当の思いを
周波数として受け取り、
言葉や音に
変換することができます。

言葉にしなくても
会わなくても

共通の周波数に
意識を合わせることで
相手を感じることができるのです。

そのチャンネルにアクセスするためには
まずは自分の内面の意識の音に
チャンネルを合わせる
練習をすることが
必要です。

「聴く」ということを
極めると
意識のチャンネルを
自在に扱えるようになります。

それは「雑音」と
中心から聞こえてくる
「無」という音の違いも
わかってくるということです。

すると
普段聞こえてくる音や声の中にも
微細な内面の音が含まれていることが
わかるようになってきます。

声診断で
相手から聞こえてくる
内面の音に耳を澄ませ
目で見て確認し

相手にとって
最高のハーモニーになる音を
見いだし

相手の音を言葉やメロディに
変換していきます。

自分の内面と相手の共有スペースが
一体化するほど

そこから生まれたものは
何倍もの力になり
お互いの源の音が
ベースで共鳴し合います。

サウンドメディスンは
その軌跡をへて生まれています。
小さな光ではありますが、
私たちひとりひとりの源を
照らし続けてくれることを
願っています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)


Comments are closed