こんにちは。
声診断メソッド開発者の中島です。
声診断をよく「心のレントゲン」と
表現しますが、
何故声から心がわかるのか?
とご質問いただきます。
これは声の周波数と
人の内面を研究された先駆者たちの
学術をヒントに
エビデンスデーターを
まとめて体系づけたものであるという
ことからきています。

心というのは、
ざっくりとした表現になり、
人の内面の感覚的な世界のことの
総称を表していると思います。
心には
想い、思考、感情、感覚など
様々なものがあり、
何をもって心とするのか?
その定義は
人それぞれ違っているような気がします。
声診断は
その心のさまざまな質をすべて
エネルギーとしてとらえています。
これまで心を論理的に分析して
立証したくて、
可視化し、研究してきましたが、
心をエネルギーとしてとらえると
心は外側の様々な現象や
家系や、生活環境などによって
元々持っている癖などで
常に変動していることがわかります。
それは意識的、無意識的にかかわらず、
アメーバーのように形を変え、
しかし心が、その人の人生に
大きな影響を与えていることだけは確かです。

だから昨今は
様々なマインドテクニックが開発され
それを実践して成功しようとしたり
自分を改善しようと
努力している人が
多いのだと思います。
実際に成功した人の
心の使い方の成功本が数多くでていますが、

みなさんは、
その本を読んで実践し、
結果が出る人と
でない人がいるのは
何故だと思いますか?

それは本から、いくらセオリーを学んだとしても
自分の心自体が
実際にどうなっているのかを
知っている人と
知らない人との違いだと思います。
だからこそ
テクニックやノウハウを知る前に
もっとも大切なことは
「自分を知る」
ということです。
自分がわかっていなくては
何もはじまりません。

また様々な「自分のタイプ」
を知るためのテストも
数多くありますが、
作り上げた自分を
いくら知ったとしても
それは人生がかえって
生きづらくなるだけです。
だから
時間がない、忙しい日々の中でも
もっとも優先すべきは
「自分を知ること」、
「本当の自分を知ること」なのです。

そのために
自分の声の周波数という数字で
自分の心の使い方を確認していくと

自分の生活で起こっていることは
すべて自分の内面
心のパターンの中にあることが
ただ法則として
表面で起こっているだけだと言うことに
気がつくはずです。

声の周波数という数字で
自分の心の使い方や
そのバリエーションを知ると言うことは

本当の自分を知るための
はじめの一歩になります。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

      (代表 中島由美子メルマガより)


Comments are closed