サウンドメディスン提唱者の中島です。

先日SMAPのファンの
10万通を超えるメッセージが
新聞広告として
掲載されました。

SMAPの年内解散が決まってから、
改めて、その存在の大きさを感じる人が
多いそうです。

SMAPの前の時代のグループは
中心となる人気スターがいて、
そのスターの人気で売り出すというパターンが
多かったように思いますが、

SMAP以降はグループ全員のメンバーに多くのファンが
ついていることが普通になりました。

まさに「世界に一つだけの花」を
歌だけでなく、
私たちの生き方にまで影響を与えてくれた
グループだと思います。

またSMAPがここまで
影響を与えてこれたのも、
SMAPの約20年間の活動そのものが
私たちの暮らしに密着していて

その時代で起きた出来事に対して
常に歌を通して
応援のメッセージを送ってきてくれた
からだと思います。

例えば
時代と楽曲を照らし合わせてみると、

阪神淡路大震災の時には、
「がんばりましょう」

バブル崩壊の時には
「 世界に一つだけの花」

東日本大震災の時には
「オリジナルスマイル」

というように
そのときどきに合わせた
応援楽曲を歌っていました。

きっとそのときに
SMAPの歌に勇気づけられ、
元気付けられた人も
多かったと思います

見た目がカッコいい
ジャニーズアイドル
という枠を超えて

社会に影響を与え続けることができたのは、
SMAPが単に「歌を歌う」といった、
歌手ではなく、
メッセンジャーという
役割が与えられていたからだと思います。

楽曲や売り出し方には、
バックの力も当然ありますが、

もともと持っている個の力を
発揮しやすい性質を
SMAPの5人は、合わせ持っていたのだと思います。

持っている質を
フルに発揮するためには
何が必要なのでしょうか?

みなさんは
わかりますか?

人と比べない・・・
周りに合わせない・・・
等身大の自分・・・
ありのままの自分でいれる・・・

つまり
自分らしさを
保つことが

メッセンジャーとしての
器を最高なものに
してくれているのだと思います。

メッセンジャーであるSMAPが
本音や気持ちを
楽曲にした、その結果
それが時代を生きる人の
SOUND MEDICINEになりました。

それはSMAPのメンバーにとっての
MEDICINEでもあったと思います。

SOUND MEDICINEは
時代や、その人の生きるステージによって
変わります。

私が提唱している
SOUD MEDICINEは
その人の変わらぬ本質からの思いを
代弁しています。

時代が変わり、環境が変わっていっても
いつも変わらず
自分の中にあるもの

その存在を
日常生活の中でも
常に感じられるようにするために

自分の声で発声します。。
自分の声で語りかけます。
本当の声で歌います。

自分の中にある
変わらぬ存在に愛を込めて・・t

最後まで読んで下さりありがとうございます。

(協会代表 中島由美子メルマガより)


Comments are closed