サウンドメディスン提唱者の中島です。

いい声
癒される声
心地いい声に
多くの方が
なりたいと思っているようです。

みなさんは
相手にとっていい声
本当に癒される声とは
どんな声だと思いますか?

声の高さや
話し方のスピード
話すテンポ
言葉の表現方法など

人がコミュニケーションするときに
相手からどんな印象を受けるかは
受け取り方によって
人それぞれだと思いますが、

本当に相手が心地いいと
感じる声には、
ある共通点があることが
わかりました。

何だと思いますか?

それは
声の中にある
スペースです。

相手との
距離を感じさせない
壁を感じさせない

その人に
受け入れてもらっている感を
感じさせてくれる声ということです。

その人が話すと
相手が話している状態でも、
自分の話を聞いてもらっている
錯覚がおこるような
周波数を放っている声、
それがスペースのある声です。

その声は
その人の声の中に、
自分の居場所を感じることができ、
包まれている感じがします。

声がいいとか、綺麗だとかいう
そんな次元を超えている
役割としての
声です。

声というのは
人とのコミュニケーションや
自己表現の手段として
使われることが
ほとんどだと思いますが、

人は人生を生きる中で
バランスをとっていくために
声というものを
無意識に使っているように思います。

病気を祈祷で治療したり、、
祝詞、声明、マントラ、経典、賛美歌、ゴスペルなど
神事などには必ず
声が使われています。

人というのは
見えている物体の部分だけでなく
心、体、魂などいくつもの層のエネルギーが
重なり
総合のエネルギーで
その人を作り上げていると
言われています。

人は生命として存在し、
活動するために
そのそれぞれの層のエネルギーが
絶妙なバランスをとりながら、
生きていると言われています。

そのエネルギーが
一刻一刻
今という現実を
作り出しています。

目に見えている部分のバランスだけを
とろうとすると、

せっかくバランスを保っていた部分が
崩れてしまうこともあります。

それは見えている部分の目先の不具合を
治そうとするからです。

そこに注力するのではなく、
自分の中心の力が
働けるように、
そして
全ての層が途切れずに
つながっていることを意識する方が
大切だと思います。

自然界のものは
人間の作った数字、
数学や科学では
割り切れない
「誤差」の部分が
鍵となっているのだと
思います。

自然界の音楽は
平均律ではなく
純正律になっています。

声の中にスペースのある人は
自然界にある数値を含んでいる
ということなのだと思います。

IT化された文明を生きる私たちには、
スペースのある声という
オアシスが
これからますます必要とされる時代に
なると思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)



声診断メソッド開発者の中島です。

みなさんは
ファシリティドッグというのをご存知ですか?

ファシリティドッグというのは
病院などに常駐し、
入院中の患者やその家族に
安らぎを与える役割を担うよう
専門の訓練を受けた犬です。

日本には
神奈川県立こども医療センターと
静岡県立こども病院に
今はたった2頭だけ存在します。

ファシリティドッグは
闘病している子どもたちの
心の支えになり、

子どもたちの不安や恐怖を
和らげてくれています。

もっと多くの病院が
ファシリティドッグを設置できるといいという
声もたくさん上がっていますが、

一頭のファシリティドッグを
病院に導入するための経費が
年間で900万円かかることから、
なかなか普及させることが難しいようです。

しかし、医師や看護ではできない
部分の治療を
ファシリティドッグがいることで
大きな治療の成果につながっていると
ニーズが増えています。。

入院中の子どもたちが
「ベイリーが大好きだから頑張れる」
「世界一大好きなワンちゃん」
などと

ファシリティドッグのおかげで
笑顔が広がり、
治療のモチベーションにも
つながっているそうです。

いるだけで
愛が伝わる存在。

何も言わなくても
何をするわけでもなくても

相手の心が溶けて
その人の中にある

本当の強さ
生きる希望を自然と
ひきだすことのできる存在が。

今の時代
一番必要としていることでは
ないでしょうか?。

人は皆
人の役に立ちたい
人を助けたいという本能を
持って生まれてきていると
思います。

しかしいろいろと勉強し
知識をつければつけるほど
賢くなり
そのことで
その本能から
遠ざかっていきます。

ファシリティドッグの仕事を見たときに
自分の傲慢さに気づき

本来やるべきことに
気づかされました。

声診断を使って
まずは自分自身を知り、
自分自身を受け入れ

自分自身が癒され
愛に満ち

その状態の自分から
人に愛を与えるだけの
ファシリティドッグのような
存在になれるのだと思います。

実はそのために
自分がどういう成長をしていったらいいのか?

そのための地図が
私たちの
「声」の情報の中に
隠されています。

声診断メソッドは
その地図を見える化し
その人の中で
明らかになっていく過程を
サポートしていくことのできる
ツールなのです。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

(協会代表理事 中島由美子メルマガより)


サウンドメディスン提唱者の中島です。

声診断を12年間続けてきた中で
見えてきたのは
心の限界です。

どんなにいい心になったつもりでも
心は常に動き

自分が知らない部分の心が
無意識に動き
結果として
いろいろなことを
現象化させます。

意識ができている部分だけで
人生が変わるのなら
本を読めばみな人生が
変わります。

本を何十冊読んだとしても
現実ではなかなかその通りにはいかず、
また新たな課題が浮き上がってきます。

自分では成長しているつもりでも
堂々巡りしていることも
多々あります。

それが心の限界です。

一方
体を鍛え
感覚をとぎすまし、
デトックスし
食事や運動に気をつけたとしても

やらないよりはいいですが
それがすべてではないということに
気づかせられます。

さらに精神世界や魂の存在を信じ、
スピリチュアルな生き方をしても
頭の理解だけのスピルチュアルは、
偏った思考をつくり
現実を生きづらくしてしまいます。

心と体と魂
それぞれを学ぶことが
大切ですが、

人によってそのバランスが
様々です。

よくしていく
変えていく
というよりは、

その3つのバランスを
とっていくと考えます。

すると
自然と
よくなり
変わっていくのです。

さらには
それぞれのバランスをとることとプラスして
その3つがつながっていることが
もっとも大切です。

世の中で
何か超越しているような人

自分のステージで生きることを
卒業され
世のため、人のためのステージで
生きれている人は

この3つのバランスがとれ
更には3つがひとつにつながっていることが
わかりました。

しかしどんな優秀な人でも
社会で活動していると
知らぬ間に
バランスを崩したり

自分の心や体の癖の方に
傾いたりします。

そんな時に
そのつど
自分で自分のバランスを
調整する方法があります。

それが「声」です。

自分の声の出し方

出ている声に意識を向けることで

「声で自分自身を確認する」ことが
できるのです。

調子のいいときは
声が軽く出しやすいです。

逆に疲れていると
声が伸びず、すぐに重さで
下に落ちてしまうような
感覚があります。

日頃から声を出す習慣を
身につけることが

一番身近で簡単な、SOUND MEDICINEになると思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表中島由美子メルマガより)


声診断メソッド開発者の中島です。

「ストレスケア」というと
約50%の人は
「ストレスはありません」
という返答をする傾向にあります。

これは
世の中のリーダー的ポジションに
立っている人たちに
多くみられます。

自分の体をないがしろにして
精神力や心の領域で
頑張っていると
体の感覚がだんだんと鈍化していき

ちょっと位のことでは
ストレスを感じずに
いることができます。

こういう人を
ストレスケアでは
「タイプA」
と呼ぶそうです

タイプAの人は
仕事がたくさん入り、
スケジュール帳がぎっしり
うまっていることに充実を感じ、

何か物事を達成することで
満足を感じます。

そのためだったら、
努力をもいとわない
修行僧のようなタイプの人です。

そんなタイプAの方々が
口をそろえていうのは、

リラックスすることが難しい・・・
仕事以外のことをやることに
罪悪感がある・・・

ということです。

一方で
「ストレスがある」
と即答する
50%のかたは、

仕事をもらう側の人に
多い傾向が見らます。

仕事や生活の中の行動が、
「やってあげている」
もしくは
「やらされている」
感覚で物事にとりくんでいると

このように
積極的にストレスを実感できるのだと
思います。

ストレスというのは
感じることが
いいとか悪いとかいうことではなく

ストレスは
頑張っていても
頑張っていなくても

やりたい仕事をやっていても
やりたくない仕事をやっていても
何もしていなくても

常にかかってくるということです。

何かをすること、
もしくはしないことがストレスなのではなくて

今、目の前の出来事を
どのように感じているか?
その思考の積み重ねがストレスになるのだと
思います。

またそのストレスの対処法として
私たちは無意識に
ストレスをなくしたり
減らしたり
感じなくさせたりという

ストレス社会を生きていくための
術を身につけてきました。
できるだけ疲れないように
煩わしくないように

生き方を工夫して
身を守ってきました。

みなさんは

最良のストレスケア
根本的なストレスマネジメントとは
いったい
どのようにしたらいいと思いますか?

私が思う最良のストレスケアは

ストレスと向き合う
自分の思考癖を知り

やってくるすべてのストレスに対して、
化学変化をおこせる
自分自身になっていくことです。

化学変化というのは、
ストレスを逆に
生命の滋養に変えていく
ことを言います。

そのことが実現すると
人生の生きるステージが変わっていきます。

そうなるための方法が
声診断メソッドです。

自己認知力を上げて

いらないものを解放し

本質の自分で生きていく・・・

今の幸せを100パーセント感じることができるための
メソッドです。

多くの方に体感して頂けましたらありがたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございます。


サウンドメディスン提唱者の中島です。

先日SMAPのファンの
10万通を超えるメッセージが
新聞広告として
掲載されました。

SMAPの年内解散が決まってから、
改めて、その存在の大きさを感じる人が
多いそうです。

SMAPの前の時代のグループは
中心となる人気スターがいて、
そのスターの人気で売り出すというパターンが
多かったように思いますが、

SMAP以降はグループ全員のメンバーに多くのファンが
ついていることが普通になりました。

まさに「世界に一つだけの花」を
歌だけでなく、
私たちの生き方にまで影響を与えてくれた
グループだと思います。

またSMAPがここまで
影響を与えてこれたのも、
SMAPの約20年間の活動そのものが
私たちの暮らしに密着していて

その時代で起きた出来事に対して
常に歌を通して
応援のメッセージを送ってきてくれた
からだと思います。

例えば
時代と楽曲を照らし合わせてみると、

阪神淡路大震災の時には、
「がんばりましょう」

バブル崩壊の時には
「 世界に一つだけの花」

東日本大震災の時には
「オリジナルスマイル」

というように
そのときどきに合わせた
応援楽曲を歌っていました。

きっとそのときに
SMAPの歌に勇気づけられ、
元気付けられた人も
多かったと思います

見た目がカッコいい
ジャニーズアイドル
という枠を超えて

社会に影響を与え続けることができたのは、
SMAPが単に「歌を歌う」といった、
歌手ではなく、
メッセンジャーという
役割が与えられていたからだと思います。

楽曲や売り出し方には、
バックの力も当然ありますが、

もともと持っている個の力を
発揮しやすい性質を
SMAPの5人は、合わせ持っていたのだと思います。

持っている質を
フルに発揮するためには
何が必要なのでしょうか?

みなさんは
わかりますか?

人と比べない・・・
周りに合わせない・・・
等身大の自分・・・
ありのままの自分でいれる・・・

つまり
自分らしさを
保つことが

メッセンジャーとしての
器を最高なものに
してくれているのだと思います。

メッセンジャーであるSMAPが
本音や気持ちを
楽曲にした、その結果
それが時代を生きる人の
SOUND MEDICINEになりました。

それはSMAPのメンバーにとっての
MEDICINEでもあったと思います。

SOUND MEDICINEは
時代や、その人の生きるステージによって
変わります。

私が提唱している
SOUD MEDICINEは
その人の変わらぬ本質からの思いを
代弁しています。

時代が変わり、環境が変わっていっても
いつも変わらず
自分の中にあるもの

その存在を
日常生活の中でも
常に感じられるようにするために

自分の声で発声します。。
自分の声で語りかけます。
本当の声で歌います。

自分の中にある
変わらぬ存在に愛を込めて・・t

最後まで読んで下さりありがとうございます。

(協会代表 中島由美子メルマガより)


声診断を12年間研究しながら
人の心の仕組みについて
いろいろなことが見えてきました。

心というのは
人が人や自然や他の生き物に対して
思いやり持ったり
時にはクリエイトしたりするときのため

コミュニケーションをとるツールとして
与えられてきたものですが、

逆に使い方を間違ってしまうと
コミュニケーションの誤解から
心は負に傾いたり
マイナスの感情を発生させたりするものに
姿形を変えてしまうものでもあります。

心があるために
喜んでワクワクしたりしますが、
逆に悲しみ、苦しみにも
転じてしまうこともあるということです。

そうしたコミュニケーションから見えてくる
心の癖が
偏りすぎてくると
生きづらくなる場合があります。

心の癖というのは、
長年の家庭生活、社会生活から
積み上げられていきますが、

その積み上げられてきたものが
年齢を重ねるたびに
いろいろな形になって
人生の結果となって
表れてくるように思います。

センテナリアン(百寿者)
100歳以上の人のことを
そう呼びますが、
日本では約6万人くらいいるそうです。

みなさんは
センテナリアンになるための
心の使い方は
どうしたらいいと思いますか?

NHKの番組では
健康長寿は
慢性炎症とCTRA遺伝子が
深く関係していると
言うことでした。

慢性炎症が大きいと寿命が短く
炎症が低いと寿命が長いというのが
どの年代でも確認され、

仕事をしていてお客さんと会話をしたりする
生きがいのようなものが
心の満足も慢性炎症に関係しているそうです。

また満足感と炎症との関係を示す
「CTRA遺伝子群」という遺伝子も発見されたそうです。

このことから
ストレスを受けたときに働く遺伝子で、
逆に満足感を得られると働きが弱まるということも
わかったそうです。

こうして見てみると
満足感が長寿と関係があるということですが、

同じ研究の結果
更に満足感でも、
炎症を抑える満足感と
炎症を進める満足感があることが
わかったそうです。

それは
快楽型の満足感(物欲、食欲、性欲、娯楽)
は炎症を進め

生きがい型の満足感(人のために生きる、
社会に貢献する)は
炎症を抑え
健康長寿につながるということでした。

声診断を通して
多くの人が、
生きがい型の満足感が
得られるように

声の波形から
視覚的にお伝えしていくことは
ただコミュニケーションを良くするだけでなく
ストレスを軽減するだけでもなく

健康長寿のために
有効であり、とても役に立つことだと
言えると思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(協会代表 中島由美子メルマガより)


サウンドメディスン提唱者の中島です。

概ねカウンセラー、コンサルタント、セラピスト
という職業は、
足りないもの、問題点、課題を見つけ、

それを指摘し、解決していくという
手法がほとんどです。

クライアントはそのことに違和感なく
指摘された箇所を改善させようと
頑張ります。

しかし課題がわかったとしても
その具体的な解決法は提示されず、
精神論的なものだったり、
努力したくても、努力のしようのないものだったりします。

そして更に、1つの物事が解決したとしても、
また次から次へと課題が出てきて
根本解決の仕方がわからない限り、
相談業というのは
終わらない旅のツアーガイドに似ています。

ではみなさんは
根本解決の方法とは
何だと思いますか?

それは・・・

深い原因を探るのではなく、
やり過ごす方法を知るのでもなく

どんなときでも、
自分の中心、源にアクセスできる術を身につけること

オール愛という
自分の次元に
チャンネルをチューニングできるようにするという

自分自身を進化させていくことしかないという
結論にいたっております。

自分の中心がわかれば
そこにしっかりとチャンネルを合わせさえできれば

ものごとは自然と解決していくことができます。

頭であれこれ考え
余計なことをしてしまうから

糸がからまってしまい
ものごとがこじれていってしまい、
自分自身も消耗してしまうのだと
思います。

SOUND MEDICINEは
対処療法的に
心をリラックスさせたり
癒したりするのではありません。

それは結果のひとつとして
そうなるだけです。

大事なのは、その人が自分自身の中心に
つながるための道筋を
感覚としてとらえることができるようになることです。

足りないものを音楽で補うのではなく、
音楽を自分の中心につながるための
スイッチとして活用することにより、

本当の自分を知る・・・
本当の自分になる・・・

ための道具となり、
結果として
すべてをかなえてくれてくれるのだと
思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。
(代表 中島由美子メルマガより)


声診断メソッド開発者の中島です。

最近テレビのニュースを見ていると、
「ありえない」事件が
連日のように報道されています。

人の心の中に
これまでためられてきた
負の感情が

その人のキャパを超えて
頭ではおさえられなくなったため
爆発しているのだと思います。

人の感情や思考と言ったものを、
自分では自覚できていない人が
多いようです。

またそれを自覚できている人は、
できているなりに、
今度は逆にコントロールが働き、
表面はつくろえますが、

自分のキャパを超えたり、
何か触発されるような出来事にあったりすると
内面の毒が噴出すことも
あるのだと思います。

根本的に自分を変えようと思ったら、
自分の内面の質を変えない限り
本当の心の平穏は訪れないということです。

現代社会を生きていくには
社会が温室であることを期待することは
もはやあきらめるしかない思います。

ではみなさんは
現代の荒波を生きていくのに
必要なことは何だと思いますか?

私が思うには、
負やマイナスの出来事をさけたり
マイナスの出来事、いやなことが少ない安住の生き方を
求めたりするのではなく、

何がおきても動じない自分自身になり、
更にはマイナスをプラスに変換できる
本当の強さを身につけることが必要だと思います。

守りの生き方からは何も生まれないということです。

そのことを実感したのは
震災を体験した子どもたち、
いわゆるPTG(心的外傷)といわれる
心に傷をおった子たちが今、
一生懸命スポーツに取り組み、リーダーを目指している
取り組みを知った時です。

それぞれの子が自分の使命をもって、
社会や人の助けになりたいという一心で
スポーツに取り組んでいるそうです。

心に傷をおったからこそ
魂に火がつき、

魂に火がついた子が
使命に燃えて活動することによって、
それが周りの人にも
飛び火していくという
現象がおきているようです。

これからの時代
「魂に火をつけて
心に炎をともす
インスパイア現象」を
起こせるリーダーが
次世代に向けて確実に必要となってきています。

その人がマイナスだと思っていることを
心を視覚化した鏡を使って
モチベーションに代えていくことができれば

社会を大きく変えていく力になると
確信しています。

声診断メソッドがこうしたことにも
役立てるように
体系化していきたいと思っています。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)