こんにちは。
サウンドメディスン提唱者の中島です。

ボブディラン氏が
2016年のノーベル文学賞を
受賞されました。

詩をポピュラーミュージックにのせた
新しい表現の先駆者としての役割が
第2の文学を切り開いたとして
その功績がかわれたということです。

ある音楽の先生曰く、
「現代の音楽は、
多くの人を集客できて
お金のとれるミュージシャンを
プロと定義する傾向にある」が、

「それは音楽ではない」とおっしゃています。

音楽は
「歌を歌わない!」
「楽器を奏でない!」

のだそうです。

みなさんは
それはどういう意味だと思いますか?

先生曰く、
音楽家というのは、
まずは内側に伝えたいメッセージがあって
先にその内側の世界が見えているのだそうです。

それを「どのようにしたら
よりリアルに表現でき、
観客と共有することができるのだろうか?」と
日々そのことのために
自分の限界に挑戦し続けているのだそうです。

メッセンジャーとして
自分の世界を
社会に伝えていくための
努力を惜しまないのだそうです。

しかし、どんなにテクニックを磨き
レッスンしたとしても
最後は人間力しかない・・・と
断言されます。

メッセージを伝える役割のある人が
それを伝えるために
自分のいらないものを
そぎ落とす努力を続け、
自分自身をただの楽器という媒体にして

どれだけ純粋に
内面の世界を表現できるかが
大切なことなのだとおっしゃっていました。

まさにボブディラン氏は
そのメッセンジャーとしての役割を、
これまでブレることなく、貫き
ただひたすら
メッセージし続けてきた結果だと思います。

さらに
声だけでなく、
詩と曲の
絶妙な混ざり具合の表現方法で
独自の世界を
切り開いてこられました。

それが
多くの人の心をつかみ、
魂に火を灯す
周波数を生み続けているのだと思います。

まさにSOUND MEDICINEも
j-popと詩のコラボレーションで、
その人の内なるメッセージを
あぶり出した音楽です。

また更に
聞くだけではなく
自分で歌うことによる
MEDICINE作用をともなっています。

受動的な行為だけでなく
能動的な行為を行うことによって、

人は真から
変容できるのからです。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

また次週お会いしましょう。
(代表 中島由美子メルマガより)


こんにちは。
声診断メソッド開発者の中島です。

日本では
ホスピスと言えば、
末期がん患者の緩和ケアする施設をさしますが、

もともとホスピスとは
中世ヨーロッパで、
旅の巡礼者を宿泊させた教会のことを指します。

みなさんは、
イギリスにある30年の実績のある、
ペニー・ブローン・キャンサーケアという
施設をご存じですか?

癌は一臓器の病気ではなく、

その人の
身体、心、霊性(魂)に影響を与えるという
理解に基づいており、

癌治療に対する
ホリスティック(全体的)なアプローチ
をしています。

施設では、
個人カウンセリング、ヒーリング
栄養学アドバイス、運動
音楽セラピー、マッサージなどが
行われており、

既存医療の診療は
オプションになっているそうです。

また瞑想ルームでは
それぞれの利用者の心(魂)の拠り所として
ブッタ像、マリア像、サイババの写真なども
置かれているそうです。

開始したころは
イギリスのマスコミ各社から
「藁をもすがる末期がん患者をターゲットに
非科学的な療法を強いている」と
激しいバッシングを受けたそうですが、

地道に実践を続けているうちに
スタッフの献身的な対応や
利用者の口コミで誤解がとけ

マスコミからは
誤解報道であったと
謝罪記事が発表されたようです。

人の人生において
本当の医療とはいったい何なのか?を
考えさせられます。

人を構成している
身体、心、魂のバランスが崩れた時に、
病気となって表面化しますが、


それを元のバランスのとれた状態に戻すには
どうしたらいいのか?

限られた寿命の中で
自分の本当にやるべきことを思い出し

日々最高の状態の自分で生きていくには
いったいどうしたらいいのか?

という根本的なことを
取り入れていくことが

これからの新しい医療になっていくのではないかと
思っています。

IT化、ロボット化が進み、
人間が豊かになることと
楽になることをはきちがえている人も
いるようです。

新しい医療というのは
まさにIT化ははずせませんが、

人の本質
身体だけでなく、心、魂のバランスという
全体像を見ていかなくては
ならないと思っています。

日本人の二人に一人が癌になる時代が
到来したと言われています。

病気になる、ならないということの前に
根本的な大事なことを忘れていると思います。

自分を知り

身体、心、魂をバランス良く生きる智慧を実践する

そのことを
声診断というツールを活用して
もっと医療の現場に
生かしていけるように
働きかけていきたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。
(代表 中島由美子メルマガより)


昨日まで開催されましたME-BYO JAPANにお越しくださいまして
誠にありがとうございました。

連日、多くの方にDeNAブースの声診断をご体験いただきました。

DeNA様のご厚意で参加させていただき
多くの出展者様、ご来場の皆様とお話させていただきました。

みなさまのご厚意に感謝をこめて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


サウンドメディスン提唱者の中島です。

セミナー、講演業に関わる人
ミュージシャン、俳優、ダンサーなど

ライブの現場で
人に何かを伝える役割のある人に
お会いする機会が多いのですが、

みな口々に言うのは、
「もっと伝えられるようになりたい!」
ということです。

それも、もうすでに素晴らしいパフォーマンスを
世の中に提供している人ほど、
その思いは強いようです。

それは、その表現者の中にある
伝えたい内面の世界がはっきりと見えている分、

どうしたら、その世界をそのままに
多くの人と共有できるのか?と
常にチャレンジしているからだと
思います。

そのために表現者たちは
常に自身を磨き続け、
表現の限界に向き合い続けているのです。。

観客側からすれば、
「表現」という域を超えた
パフォーマーのエネルギーに触れるだけで、
そのパフォーマーの内側の世界を
感じることができます。

そのパフォーマーの世界を共有したいから
観客は、パフォーマーと同じ時間を
ともにしたがためにためにライブにいきます。

パフォーマーが作り出す
ライブのエネルギーが、
多くの人に影響を与えることになります。

そういったパフォーマーとしての
役割を持って生まれた人を、
メッセンジャーと呼びます。

メッセンジャーというのは、
人に影響を与える力が大きいので、
常に自分自身を本質の状態に、
チューニングされ、
キープされている必要があります。

そのためには、
自分の内側にある世界に意識を合わせ、
その見えている中心と一体化し、

その上で、
それを自由自在に表現できるように
心、体、魂をひとつに統合していくことが
かかせません。

メッセンジャーの使命を持っている方々が、
本当に伝えたいことを
表現できる体になるよう
日々積み上げていくことが
やがては社会の価値観を変えていくための
礎になると確信しています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)


明日から始まるME-BYO JPAN2016では
DeNAのお勧めに選ばれました

DeNAセレクトブースにて
10/12(水)13:00~15:30
10/14(金)10:00~12:30

FM横浜等メディアの取材を受けながらの声診断を
させていただきます。

※その他の時間帯はDenaブースにて出展します。

お越しになられる方は「BIO-JAPAN2016」のHPより
事前登録されますと無料でご入場できます。


声診断協会ではパシフィコ横浜で開催されます

アジア最大規模のバイオテクノロジー関連の展示会である「BioJapan2016」内の

未病ゾーン「ME-BYO JAPAN2016」に

DeNAのブースにて声診断で出展いたします。

10月12日(水)-14日(金)の3日間

10:00-17:00

FM横浜などのメディアでも取り上げられ紹介される

最先端の未病製品、サービスが一同に会した大規模イベントです。

ブースでは無料で声診断をご体験できます。

ぜひ、お友達お誘い合わせの上ご来場くださいませ。

お待ちしております。

声診断はDeNAの社内研修で協力させていただいております。

どうぞよろしくお願いいたします。


こんにちは。
声診断メソッド開発者の中島です。
声診断をよく「心のレントゲン」と
表現しますが、
何故声から心がわかるのか?
とご質問いただきます。
これは声の周波数と
人の内面を研究された先駆者たちの
学術をヒントに
エビデンスデーターを
まとめて体系づけたものであるという
ことからきています。

心というのは、
ざっくりとした表現になり、
人の内面の感覚的な世界のことの
総称を表していると思います。
心には
想い、思考、感情、感覚など
様々なものがあり、
何をもって心とするのか?
その定義は
人それぞれ違っているような気がします。
声診断は
その心のさまざまな質をすべて
エネルギーとしてとらえています。
これまで心を論理的に分析して
立証したくて、
可視化し、研究してきましたが、
心をエネルギーとしてとらえると
心は外側の様々な現象や
家系や、生活環境などによって
元々持っている癖などで
常に変動していることがわかります。
それは意識的、無意識的にかかわらず、
アメーバーのように形を変え、
しかし心が、その人の人生に
大きな影響を与えていることだけは確かです。

だから昨今は
様々なマインドテクニックが開発され
それを実践して成功しようとしたり
自分を改善しようと
努力している人が
多いのだと思います。
実際に成功した人の
心の使い方の成功本が数多くでていますが、

みなさんは、
その本を読んで実践し、
結果が出る人と
でない人がいるのは
何故だと思いますか?

それは本から、いくらセオリーを学んだとしても
自分の心自体が
実際にどうなっているのかを
知っている人と
知らない人との違いだと思います。
だからこそ
テクニックやノウハウを知る前に
もっとも大切なことは
「自分を知る」
ということです。
自分がわかっていなくては
何もはじまりません。

また様々な「自分のタイプ」
を知るためのテストも
数多くありますが、
作り上げた自分を
いくら知ったとしても
それは人生がかえって
生きづらくなるだけです。
だから
時間がない、忙しい日々の中でも
もっとも優先すべきは
「自分を知ること」、
「本当の自分を知ること」なのです。

そのために
自分の声の周波数という数字で
自分の心の使い方を確認していくと

自分の生活で起こっていることは
すべて自分の内面
心のパターンの中にあることが
ただ法則として
表面で起こっているだけだと言うことに
気がつくはずです。

声の周波数という数字で
自分の心の使い方や
そのバリエーションを知ると言うことは

本当の自分を知るための
はじめの一歩になります。

最後まで読んで下さりありがとうございます。

      (代表 中島由美子メルマガより)


サウンドメディスン提唱者の中島です。
みなさんは
ブルガリアンヴォイスというのを
知っていますか?

ブルガリア地方に古くからある女性合唱のことで
ブルガリア共和国の伝統的な歌唱法として人気があります。

「エヴァンゲリオン」の中でも効果音楽として
使われたことからも話題になりました。

魅力を感じさせる特徴は
その独特な和声にあります。

通常では不協和音になりそうな和音でも
絶妙なバランスで
神秘的な和音にしてしまっているところが
まねのできない重みを引き出しています。

また通常の合唱のように
頭頂からからきれいに発声するのではなく

のどの奥から地声のような感じで
発声しています。

更にクラシックのような正当な発声法ではなく
ビブラートのかけ方も
日本の民謡に似ています。

そんなブルガリアンヴォイスの最大の特徴は
人の耳では聞き取れない
超音波を含んでいることだと言われています。

この超音波というのは
頭声発声法では含まれません。

このことがブルガリアンヴォイスが
宇宙を感じさせ、
神秘性を感じさせてくれる
理由なのだと思います。

ブルガリアンヴォイスの音声を診断してみると
すべての層で音が鳴り響き
更に内側の層にも
波形が濃く出ていました。

これは
人の潜在の奥深くまで、
共振共鳴できることを
表しています。

不協和音が何かの壁を破り
うむを言わせずに
音が本質に飛び込んでくる。

頭の理解を超え
新しい世界に引き込まれていくように感じます。

この和声に出会ったときに
究極の人の声に勝る音楽はないと
実感しました。

自分自身の声を
SOUND MEDICINE
に成長させていくことが

私たちにとって
最後の一手になるのだと
静かに思いを募らせています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。


こんにちは。
声診断メソッド開発者の中島です。

声の波形の色で
強くでているところを
長所、強みとして
その人の「能力」を見ていく
というのが
声診断の基本です。

その人の得意能力を才能として、
人生の中で
更に仕事や社会に生かしていけるように
開花していく方法を知ることができます。

では、みなさんは
「能力」と「人間力」というのは
どのように違うと思いますか?

声診断で
「人間力」は診断できると思いますか?

競泳の萩野公介選手は
リオ五輪で金メダルを獲得しました。

声の波形では
レッドからゴールドにかけて
強く波形が出ており
アスリート選手としての集中力
身体能力などの能力に
群を抜いていることがわかります。
(声診断開発者ブログを参照)
(http://ameblo.jp/yui2yui2)

リオ五輪の前
萩野選手には課題がありました。

コーチや関係者から
メンタルの弱さを指摘されていたそうです。

萩野選手は
「他の選手にはあまり興味がない」ということで
合宿中も休憩時間に他の選手と交わることは
なかったそうです。

自分と向き合い、
自分の能力を伸ばすことに集中し、
努力していくことが
重要だと思っていたからだそうです。

しかし合宿の中で、先輩の北島選手と関わっていくうちに
競泳は個人のスポーツだけれど
「ひとりの力では何もできない」ということを
学んでいったそうです。

「能力」というのは、
一人で淡々と努力し、
ある程度まで、伸ばしていくことができます。

一方「人間力」というのは、
人と人を介して培われていき、
人との体験を通して磨かれ、
大きくなっていきます。

この「人間力」なくしては、
「能力」も限界を超えていくことができない・・・
ということだと思います。

その人にとって
波形の少ない色、
つまり課題となっている部分が
その人の人間力をあげていくのに
大事な部分となり、

声診断する上で
もっとも大事なポイントになります。

萩野選手は
リオ五輪前の合宿が終わる頃には、
仲間と交わり
楽しそうに会話する姿が
見られるようになったそうです。

そしてインタビューで目標を聞かれ、
「自分は人間の器として、
金メダルにふさわしい器になる」
と答えていました。

その後、萩野選手は、
五輪の本番の舞台で、
課題であった
メンタルを克服し、
金メダル、銀メダル、銅メダルの
合計3個のメダルを
獲得することができました。

このことから、
「人間力」というのは
社会の中で、
実体験を通して、
人との関わり合いの中で、
磨かれていくことができ、
人間力なくして能力は限界を超えられない・・・
ということを
学ばせていただきました。

声診断では
能力だけでなく、
人間力も成長し
更には生きる次元さえも
変わっていくまでの
トータルな道案内を
提示させていただきます。

人が心や思考の限界を超えていき、
全く新しい自分に生まれ変わっていく

それが今の時代
私たちひとり一人が
未来のためにできる

究極の社会貢献になると
確信しています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(協会代表 中島由美子メルマガより)


こんにちは、

自分の内面を探求して
掘り下げていくと
自分の意識と人の意識とが共鳴する
共有スペースが
あります。

よく
空気を読むとか
周りの人の気持ちをくみ取るとか
そういう能力を使うことで
周りとの調和を保ち
人と上手く関わろうとしていますが、

そういった表面的なものは
とてももろく
ガラスの器同士の関係性です。

本当の調和というのは、
そういった表面的に
体裁を保つことではなく

内面の深いところにある
共有スペースで
お互いがひとつであることを
認識できる関係性になります。

その共有スペースに
アクセスすることができると

その人の本当の思いを
周波数として受け取り、
言葉や音に
変換することができます。

言葉にしなくても
会わなくても

共通の周波数に
意識を合わせることで
相手を感じることができるのです。

そのチャンネルにアクセスするためには
まずは自分の内面の意識の音に
チャンネルを合わせる
練習をすることが
必要です。

「聴く」ということを
極めると
意識のチャンネルを
自在に扱えるようになります。

それは「雑音」と
中心から聞こえてくる
「無」という音の違いも
わかってくるということです。

すると
普段聞こえてくる音や声の中にも
微細な内面の音が含まれていることが
わかるようになってきます。

声診断で
相手から聞こえてくる
内面の音に耳を澄ませ
目で見て確認し

相手にとって
最高のハーモニーになる音を
見いだし

相手の音を言葉やメロディに
変換していきます。

自分の内面と相手の共有スペースが
一体化するほど

そこから生まれたものは
何倍もの力になり
お互いの源の音が
ベースで共鳴し合います。

サウンドメディスンは
その軌跡をへて生まれています。
小さな光ではありますが、
私たちひとりひとりの源を
照らし続けてくれることを
願っています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

(代表 中島由美子メルマガより)