音の不思議な力を感じて

私のお題は、どうしても娘の行動が気になり、いちいち口出ししてしまうこと。

はじめは眉間に力が入り、色々な雑念が頭をぐるぐるよぎっていました。

そのうち、うつらうつらの世界に引き込ま れ、気が付くと眠っていました。

気持ちよかった!でも何も変わっていないと思いながら、また声の波形をとってみました。すると波形はちゃんと変化していました。

音声療法士の方の質問に答えていくと、そういえば真っ赤な木の皮が束になって胸の上に。

あっ!と驚く感じではなく、「そういえばあったあった。」と当たり前の感覚。

そんな感覚を感じながら家に帰りました。娘を見ると「宿題終わった?」と言ってしまいそうになったのですが、なぜかふっと、「神様にこの子は任せよう。私が小手先でいろいろ考えてもしょうがない。」と思え、そうしたらその瞬間感じたことがないくらい自分が軽くなりました。

音を聴くと、同じ感覚のところへ戻してくれます。

私にとっては優しい感覚。

音の不思議な力を感じました。

40代 女性